重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染癥(COVID-19)の対応について(第3報)

新型コロナウイルス感染癥(COVID-19)は、國內において「感染経路が明らかでない患者が散発的に発生しており、一部地域には小規模な患者の集団(クラスター)が把握されている狀態」となっています。また3月11日にWHOは「パンデミック(世界的な大流行)」であると表明しました。

【海外渡航について】
本學でもすでに中國を含む感染癥危険レベル2の地域に対して不要不急の渡航をやめていただくようお願いしていますが、世界各國で新型コロナウイルス感染癥(COVID-19)の感染が拡大し、外務省による感染癥危険情報が連日更新されています。また、日本からの渡航者?日本人に対する入國制限及び入國後の行動制限措置が行われている國?地域もありますので、これらの情報も確認してください。各國各地域の感染癥危険レベルについては外務省海外安全ホームページを參照してください。

海外安全ホームページ(外務省)
各國?地域における新型コロナウイルス感染癥に係る入國制限措置と入國後の行動制限措置に関する狀況(外務省)

<渡航前>
?出発前に必ず、外務省ホームページで感染癥危険情報を確認し、やむを得ず渡航する場合は、「たびレジ」に登録してください。
?飛行機內や船舶內などでは、一般的に感染のリスクが高まるため、慎重な行動で咳エチケットや基本的な感染癥対策に努めてください。

たびレジ(外務省)

<帰國後>
① 帰國時において感染癥危険レベル2?3の國?地域から帰國した場合:
帰國日から2週間は、厳重な健康観察を行い、不要不急の外出を控えてください。発熱(37.5℃以上)や咳などの癥狀がある場合は、ほかの人との接觸を避け、マスクを著用し、速やかに最寄りの「帰國者?接觸者相談センター」に電話相談するとともに健康支援センターもしくは各校保健室までご連絡ください。

② 感染癥危険レベル2?3以外の國?地域から帰國した場合:
帰國日から2週間は、厳重な健康観察を行ってください。発熱(37.5℃以上)や咳などの癥狀が出現した場合は、上記①の対応を行ってください。

【醫療機関の受診】
次の癥狀がある場合は、「帰國者?接觸者相談センター」へ相談し、その指示に従ってください。
?風邪の癥狀や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤服用時を含む)。
?強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
※高齢者や基礎疾患等のある方、妊婦の方においては、上の狀態が2日程度続く場合

【感染(疑い含む)もしくは濃厚接觸者(疑いを含む)になった場合】
?感染あるいはその疑いとされた場合、または濃厚接觸者(疑いを含む)とされた場合は、醫療機関の指示に従うとともに、各校保健室か健康支援センターへ連絡してください。

〈小學校〉小學校保健室
TEL: 0422-37-3844

〈中學?高等學校〉中高保健室
TEL: 0422-37-3817

〈大學〉大學保健室
TEL:0422-37-3518
Email:hoken1@jim.seikei.ac.jp

〈教職員〉健康支援センター
TEL:0422-37-3496

【感染拡大の予防について】
集団感染の共通點は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多數の人が接觸するおそれが高い場所」です。

?換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避ける。
?多人數が長時間同じ空間にいる場合には、こまめに換気し、室內の空気を入れ替える。(1~2時間ごと5~10分程度の窓開け換気を推奨)
?流水と石鹸での手洗いやアルコール手指消毒剤の使用など、手指を清潔に保つ。
?咳やくしゃみをする際には口と鼻を覆い、マスクをするなど咳エチケットを守る。
?人込みを避ける。
?十分な栄養?睡眠をとり、體調を整える。

カテゴリ別

過去の記事

一个人免费视频在线观看高清-一个人看的视频免费高清