成蹊教育基本理念

教育理念

―創立者中村春二が目指した教育―

自発的精神の涵養と個性の発見伸長を目指す、真の人間教育

創立者の中村春二は、その教育の基本的なあり方を、日本古來の教育理念ともいえる「修養」(精神を練磨し、優れた人格を形成することにつとめる)としました。人間はどんな狀況におかれても、それを乗り越えるだけの「心の力」がもともと一人ひとりに備わっており、その「尊い心」の存在に気づくことで、自奮自発の強固な精神力が培われる――こうした人間育成、人格養成を教育の根幹に據えたのです。成蹊學園では、この創立者の理念を礎として、自発的精神の涵養と個性の発見伸長を目指す、獨自の教育を実踐してきました。現在、成蹊學園は小學校から大學院までを擁する総合學園に発展し、一貫連攜教育體制のもと、さらにその質の向上を目指しています。近年、初等?中等教育はもちろん、人材を社會に送り出す高等教育においても、人格形成?人間教育の役割が重視されており、その責任と期待はますます大きくなっています。成蹊學園では、社會が求める教育のあり方に対し、成蹊獨自の理念を持って応えてまいります。

體系的な國際理解教育

小?中高?大の連攜教育により、グローバル社會で真に役立つ力を養う

成蹊學園では、1918年から帰國生の受け入れを行うなど、伝統的に國際理解教育への取り組みを行ってきました。小學校から大學まで共通して、外國語によるコミュニケーション能力を持ち、國際社會で存分に個性を発揮できる人材を育成するべく、各段階に応じた國際理解教育を體系的に進めています。

學園縦斷型の組織で國際化に即した教育の充実を図る

本學園での伝統的な國際理解教育への取り組みを受け継ぎ、2004年4月に設立されたのが國際教育センターです。本センターは、國際理解教育の推進を學園全體の目標として掲げ、小學校から中學?高等學校、大學まで、総合學園の特色を活かした縦斷的な組織として設立されました。一貫した國際コミュニケーション能力の開発、異文化を実際に體験する國際交流?海外留學など、各段階に応じた多岐にわたる國際理解教育を體系的に展開することで、語學だけに特化することのない真の國際人の育成を目指します。

個性を育む一貫連攜教育

一貫連攜教育の中で、本物に觸れ、多様な価値観を育む

本學では、一貫して「本物に觸れる」、「體験して學ぶ」ことを重視し、豊かな感性を育む教育を実踐しています。それは、自然に恵まれた校內での活動や、少人數教育を通じて育む他者への理解尊重はもとより、小學校の「夏の學校」や中學?高等學校の「學習旅行」、大學での「フィールドワーク」や「地域との連攜プロジェクト」など、さまざまな校外活動での経験を通じ、発見する喜びや、共に創造する楽しさを味わい、自ら考える力や本物を見抜く目を養ってほしいからです。

異世代の「人の交流」が新しい価値を生み出す、獨自の一貫連攜教育

武蔵野の豊かな自然の中、小學生から大學院生までがワンキャンパスで學んでいます。多様な世代、価値観を持つ人々と觸れ合い、學び合うことができるのが、総合學園である本學の大きな魅力のひとつです。児童?生徒?學生の世代を超えた交流の中で、さまざまな教育の機會が生まれています。例えば、小學校の英語教育における大學生のTA制度や、小學校の夏の學校での水泳師範制度、中學?高等學校が共に行うクラブ活動、高校生が大學の正規授業を受講するなど、世代を超えた異世代間交流を大切にしています。それは、低年層の児童?生徒が學ぶだけでなく、教える側である上級學校の生徒?學生が學ぶ機會ともなり得ます。このような経験から、多様な価値観や多角的な思考力を身につけることができ、人格を磨き上げていくことができるのです。

知的好奇心でつながる一貫連攜教育の取り組み事例

成蹊學園が拡充する一貫連攜教育の取り組みはさまざまな領域に広がっています。
活動の成果の中から代表的なものをご紹介します。

英語一貫教育

小中高大の教員が定期的に集い、各校の英語教育についての情報交換(目標設定?課題の共有)を行っています。2014年度には各校の目安となる英語力の到達目標をCEFR-J(ヨーロッパ共通參照枠の日本版)を基準に設置しました。現場に適した英語教育のカリキュラムを組みながら、各校とも多読(小學校は絵本の課外活動)を10年以上続けています。Teaching Assistantの受け入れ、オンライン英會話のパイロット導入等も協働で取り組んでいます。
英語一貫教育

「中學3年生×大學ゼミ」體験

中學3年生の希望者が、約1カ月にわたり毎週、大學のゼミ?研究室に通い、大學の學びを體験します。各學部のゼミ?研究室に分かれて、それぞれ最先端の科學技術や研究に觸れることができます。將來の夢や進路を意識するきっかけになり、終了後も引き続き大學に通い研究を希望する聲も上がっています。

宇宙科學を楽しむ「オーロラと宇宙」シンポジウム

本館大講堂において、オーロラと宇宙にまつわるシンポジウムを開催しています。デジタル4次元地球儀「ダジックアース」や実際の南極で使われた防寒具、南極の氷の展示など、會場に集まった小學生、中高生、大學生や保護者、教職員が南極の自然を感じることができるイベントとなっています。

ESD成蹊フォーラム2019「武蔵野の自然と成蹊の學び」

「持続可能な社會の擔い手づくり」という観點から、成蹊學園の小?中?高?大がつながり、地域ともつながることを目的として開催しました。4回目となる今年度のフォーラムでは、ESDセンターの開設記念式典、小?中?高?大それぞれの立場からのESD活動についての発表、識者による講演會を行いました。
成蹊學園サステナビリティ教育研究センター

その他の取り組み事例

高校生物部と大學理工學部研究室の連攜活動(イワナの研究)

高校生物部が大學理工學部細胞分子デバイス研究室と連攜し、「日本産イワナの背部白色斑紋のサイズと生息環境との関係」の研究を行いました。mtDNAデータの分析を大學生が行い、その研究結果を高校生物部が學會で発表し、優秀賞を受賞しました。

閉じる

夏の學校における水泳師範參加

「夏の學校」は、成蹊小學校が開校した1915(大正4)年から現在に至るまで、約100年にわたり続いている小學校の伝統行事です。6年生の「夏の學校」では、水泳師範団(卒業生を中心に、高校生?大學生なども參加する有志の組織)が結成され、児童の水泳訓練や遠泳をサポートしています。

閉じる

TA(Teaching Assistant)制度

小學校の英語の授業に、大學生をTAとして採用し、學修をサポートしています。小學校の教育効果をより一層高めるとともに、大學生が教育実踐の場を経験する貴重な機會を提供しています。

閉じる

地域清掃活動

建學の精神である「勤労の実踐」を具現化する活動として「建學の日(3月23日)」の行事として始められました。現在は年4回実施し、在校生や教職員、地域の方々が一緒に行う活動として定著しています。當日は、吉祥寺駅周辺から學園までの通學路を中心に、グループに分かれて清掃を行います。

閉じる

一个人免费视频在线观看高清-一个人看的视频免费高清